Loading...

EXTOLEVEL

他の追随を許さない。
袋詰牧草の特徴とは?

牧草で笑顔にする。多くの悩みを解決した5つの加工


自然作物の牧草は数百もの種類がありますが、エクストレベルが提供する牧草は「競走馬に使用している繊維質が豊富な栄養価の高い牧草」にフォーカスしております。工業製品とは違い厳しい基準がないため不純物が混入している。品質に大きな違いが生じる等ありますが、エクストレベルでは使用する原料の選定、選定した牧草の独自加工で今までお客様が感じていた不満を少なくしています。

1.競走馬品質の牧草

数ある牧草の中でも等級が高いとされているのが、圧縮が少なく繊維質が豊富で色や香りの良い自然に近い状態で輸入される牧草が競走馬用として輸入されます。小動物の牧草消費量よりも馬の牧草消費量のほうが多いので競走馬関連事業者が等級の高い牧草を扱うことができます。

2.アレルギーに優しい牧草加工

乾燥牧草は崩れて牧草の粉が多く出ます。アレルギーの方にはその粉塵のように小さな粉がよくありません。エクストレベルの袋詰牧草は牧草の粉を抑えるための加工もしております。

3.捨てる部分の少ない牧草加工

グルメな小動物は品質の違いが大きい牧草を食べなくなることがあります。紫外線による劣化や鮮度低下による香りの違いや茎や葉の固さなどから同じ商品の同じ牧草でも若干の違いで牧草を残しますが、エクストレベルの加工は劣化を最小限に抑えるため牧草の選別を行い、良質な部分を商品にすることで購入した方が捨てるのを抑えております。

4.牧草の品質維持加工

酸化により劣化する牧草は例え袋詰されていても袋内の酸素により日々劣化をします。酸化すると香りや色味が失われ鮮度の低下した牧草になります。なので牧草は長期保管に適しておりません。競走馬プレミアム加工牧草なら強力脱酸素剤を用いて酸素を抑えているので酸化による劣化を防いでおります。プレミアムシリーズの牧草は保管環境により購入から12ヶ月後でも牧草の劣化がほぼ無く風味を残っております。

※プレミアムシリーズのみ品質維持加工をしております。

5.取り出しやすいカット加工

長さのある牧草を袋から取り出す際に牧草同士が絡まってうまく取り出せません。カットチモシーは適切な長さにしているので使い勝手がよくまた、小動物にもカットされている方が食べやすく多くの量を食べるので咀嚼回数も増えます。

牧草を食べない。捨てるしか無い。を解決 エクレベに変えれば消費の無駄を抑えられます。

EXTOLEVELの取り組み